NEWS

お知らせ

2011.08.21

CATEGORYコラム

1957年~2011 スタンダードともいうべき・・・


icon:0198_blue-boxNTS NO.03  ¥23.100  49/50/52 3サイズ
icon:0198_blue-box素材:セルロイド
icon:0198_blue-box飾り:10金張り

サンオプチカル㈱  NTS No,3  について

1960年代に作られ、現在でも販売を続けている希少なモデル。

今も変わらず作り続ける精神と、かわらない拘り

半世紀にわたって、今も変わらず作り続ける、伝統を受け継いだ

「眼鏡のスタンダード」ともいうべき眼鏡フレーム。

クラシックながらもどこかスタイリッシュで、

今現在でも掛けることでファッション性と拘りを感じさせてくれる変わらない製品

 
NTS  NO,3(以下NTS) 製造開始時期 1957年~ 54年間製造中

 
NTSは、今も変わらずデザインは変わらないが、掛け心地を良くするために仕様変更した内容はテンプル芯を細く、バネ性を持たせ掛け心地を向上させている。

名前:竹内 伸夫  NTS 1932年創業者 故人

IMG_0170.jpgのサムネール画像

④60年代から作り続けている旧式の金型。

R0015582.JPG

 
NTSは今まで15万枚世に送り出している

 
NTSの特徴は【セルロイド製】【10K金張飾】である。

IMG_0173.jpgのサムネール画像

セルロイドとは・・・可塑性の樹脂で、以前は映画・写真フィルムや眼鏡のフレーム・玩具などを作る用途に使われていた。

可燃性であるために、近年は徐々に代替物質に置き換えられてしまって、

現在はアセテート(有機樹脂)のものが殆どである。


特徴は、硬質で張りがあり、キズがつきにくい。


さらにそれはアセテートより2倍の磨きの時間を要するがそれは独特の深みのあるつやが出る。


また、透明感が高く肌触りも良いことから昨今のトレンドフレームシーンで素材価値が見直されてきている。

10K金張飾とは・・・品位10金・表示K10417)・金の含有率41.7%の金を貼りつけた飾りをフレームのフロントとテンプルに贅沢にあしらった逸品

Translate »