NEWS

お知らせ

2018.05.31

CATEGORYお知らせ , コラム

メタルフレームの工程概略

メタルフレームの工程の概要を紹介します。

 

少量多品種生産で、かるBTO生産もなかなか難しい眼鏡製品

におけるデザイン要求は年々高まっております。

 

少量多品種で奢侈品である福井・鯖江のめがねにおいては、

各社(メーカーPBやOEMも含め)差別化を推進していくに当たり、

独自のデザインと機構を具現化していく基調が高まっています。

 

その中で、OEM生産を安定して受注している福井・鯖江の強みは、

長年培ってきた技術と技能を基盤として、常にクライアントの要望に応えてきたこと。

常に、最新の造形や素材を製品に取りいれ、市場のニーズにきめ細やかに応えてきました。

 

最近のトレンドは、クラシックブームもあり、

機能性に富むクラシックフレームも多数増えてきております。

それが、短期的に実現可能なのは、めがね産地のノウハウがあればこそ。

技術や技能があり、さらに市場の求めるニーズに応えるデザイン・設計力の高い眼鏡産地

というクラスターエリアはまだまだ進化の途中です。

 

 

Translate »