NEWS

お知らせ / パブリシティ

2018.05.14

CATEGORYお知らせ , パブリシティ

NIKKEI MAGAZINE STYLE 5月号

眼鏡業界において、なぜ福井・鯖江が世界的に有名な産地として知られているのか?

その答えは、いまもなお、古きよき職人魂が息づいているからである。

トレンドにあったデザイン性だけでなく、視力矯正器具としてのかけ心地や耐久性などの信頼性も含めて評価は極めて高い。

その品質を支えるのは、各工程に秀でた専門の職人たち。

同地の各メーカーはデザインを練り、各職人の技術力を組み合わせて、一つ一つの眼鏡に個性を吹き込んでいく。

また、めがねを、万全なかけ心地を継続的に維持するためにも、アフターケアもかかせない。

その本懐を職人は十分に心得ているのだ。

そうしためがねのポテンシャルを最大限に引き出すのが、眼鏡店だ。

長く愛用できる確かな品質の眼鏡を使用するためには、最良の選択眼と技術力を有する”認定眼鏡士”が常駐する店舗での眼鏡選びが最適であろう。

MAXIS MXU-208 [㈱エクセル眼鏡]

KIO YAMATO KT475J [㈱ネクサス]

DUN 2071G/2072G(限定品) [㈱三工光学]

Translate »